サンデーサイレンス系はどのようなレース展開をするのか特徴をまとめました。

サンデーサイレンス系

サンデーサイレンスの画像

 

競馬で血統を意識すると、必ず目にするのがサンデーサイレンスという名前です。
どこかで聞いたような気がしても、詳しい情報を知らない人も多いのではないでしょうか?

 

知らなくても競馬を楽しむことは出来ますが、血統を意識してレース展開を予測するならサンデーサイレンスの歴史をしっておくべきです。

 

ここではサンデーサイレンスの歴史と、そこから誕生した名馬を紹介したいと思います。
血統から競馬の奥深さの一端を覗いてみましょう。

 

 

サンデーサイレンス系について

起源は1988年にアメリカでデビューしたサンデーサイレンスという競走馬まで遡ります。
サンデーサイレンスは当時、いくつものレースで優秀した名馬です。
当然、優秀な結果を残した競走馬なので種牡馬として期待されました。
ですが、サンデーサイレンスは非常に気性が荒い馬で、種牡馬には不適切だと考えられたのです。

 

そうした状況の中で、サンデーサイレンスに目を付けたのがとある日本人です。
日本の競馬へ種牡馬として招かれたサンデーサイレンスは、その後に優秀な子供を次々に作り出しました。
爆発的な瞬発力が特徴で、加速力は目を見張るものがあります。
サンデーサイレンスの血統は日本の競馬界に大きな影響を与えたのです。

 

合わせて読みたい:種牡馬と繁殖牝馬

 

誕生した名馬

ディープインパクトの画像

サンデーサイレンスの最大の功績は、あのディープインパクトを誕生させたことでしょう。
圧倒的な瞬発力と加速力はディープインパクトの代名詞ですが、これはサンデーサイレンスの血統が色濃く反映された結果なのです。

 

他にも、ハーツクライマンハッタンカフェなどの名馬がサンデーサイレンスの血を受け継いでいます。
ステイゴールドダイワメジャーもサンデーサイレンス系で、具体例を挙げればキリがありません。

 

いずれも競馬で高い成績を残しており、サンデーサイレンスの血統は非常に優れていると言えるでしょう。

 

 

レースでの特徴

サンデーサイレンス系の特徴は、爆発的な瞬発力と加速力です。
そのためレース終盤で一気に追い上げる傾向が強く、長距離で活躍するタイプだと言えます。
非常に熱いレース展開になるので競馬の醍醐味を味わえる可能性が高いでしょう。

 

その一方で短距離は苦手な傾向があるようです。
短距離だと爆発的な加速をする前にレースが終わってしまうので、サンデーサイレンス系の魅力が発揮されないのです。

 

こうしたレースの特徴を知っておけば、馬券に活かすことが出来るはずです。
血統でサンデーサイレンスの名前を見つけたら、瞬発力や加速力があると考えてみましょう。

 

ざっくりとでも競走馬の特徴を見出せれば、レース展開の予想に役立ちます。
血統から競馬を読み解けば、自分なりの予想的中ロジックが見つかるかもしれません。

ページの先頭へ戻る